【強く生きてくれ】死んだオス猫と離れようとしない子猫の切ない絆

動画は狭い通路にいる2匹の猫の様子から始まる。
そして響くのは子猫の鳴き声。
子猫が寄り添うオス猫は微動だにせず、すでに死んでしまっている。
それでも子猫はそこから離れず、鳴き声をあげるだけ。



オス猫と子猫の意外な関係

親子かとも思える2匹の猫の間には意外な関係があった。
近所の住民によると、この子猫がやってきたとき、
近くに親猫の姿はなく、一匹だけだったそう。
子猫は他の野良猫たちに度々いじめられていた。

そこに現れたのが、今回子猫と共にいたオス猫。
いじめる猫たちから子猫を守り、
次第に兄のような、親のような、子猫の保護者になっていった。
2匹の猫は常に共に行動し、
食べ物を探し懸命に生きていた。

しかし不運なことに、オス猫は病気にかかってしまったのです。
肝臓と肺に腫瘍があったものの、
野良猫のためそれに気づき対処してくれる飼い主もいない。
それでもオス猫は自分が死ぬ間際まで子猫を守り続けたのです。

願いは一つ「強く生きて」

その後、子猫は保護されます。
動物病院ではオス猫と最後の別れの時間が持たれました。
子猫は亡骸を見つめると、
鳴くこともなく静かにオス猫の顔を見つめていました。

再び野良猫として1匹で生きていくことができない。
幸いにも、子猫を引き取る女性が現れました。
そこには死んだオス猫と同じような年の
オス猫「ハート」が暮らしていました。
2匹は初対面でも落ち着いた様子で、
これから仲良く暮らしていけることでしょう。



子猫は“これからの人生が全てうまくいくこと”を意味する
「サピョン」という名前が付けられました。

Share:

Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA