【今更シリーズ】②日本曲のカバーがすげぇRaon Lee

CDなんて10年以上買ってないけど、
歌動画ってやっぱ見始めると止まらなくなるんだよね~

今回は日本の曲をカバーしている外国人Youtuberの紹介です。
まずはこちらご覧ください。



日本で抜群のヒット曲となった米津玄師の「Lemon」。
パワフルで滅茶苦茶上手いけど、
何となく違和感のあるイントネーション。
歌っているのは韓国人のRaon Leeさん。
このチャンネルの特徴なのが、
“日本の歌のカバー”という点です。
外国人による日本曲カバーはよくあるけど、
投稿動画の大半を占めているというのは珍しいです。

Raon Lee(ラオン・リー)
生年月日:1991年6月10日(28歳)
韓国出身
チャンネル登録者数:365万人
トレードマークは逆に被ったベースボールキャップ。
2014年から歌い手としての活動を開始。
力強い歌声と繊細な歌い分けが特徴。
学生時代は声優を目指していたという一面も。

声優を目指していたということで、
アニメから日本の歌に触れていたんでしょうね。
カバー曲もアニメのテーマソングなどが多いので、
韓国・日本だけでなく世界中で聞かれているようです。
さっきのLemonも1200万回以上再生されるなど、
どの動画も爆発的な人気を誇っています。

アイドル除くと韓国人歌手で今日本で一番知られてるのかも。

「シルエット」 (アニメ・ナルトのオープニング曲)は8000万回再生!

韓国人歌手といえば、
かつては独特なハスキーボイスで人気を博した桂 銀淑。
アイドル歌手、BoAなんかもパワフルで少しハスキーボイス。
あと、認知度は低いものの日本のレゲエ界では
PUSHIMという激うまアーティストもいますが、
いずれもパワフルなハスキーボイスという点で共通しています。
韓国人特有の発声からくるものなのかな?
Raon Leeも似た系統なんだけど、
今流行りの洋楽みたいな声の伸びを感じて、
それがまた気持ち良いんだよね。


アニメの曲はあんま分かんないんだけど、
そんな俺でも知ってる曲を置いていきますね。
特に 中島美嘉 (amazarashi)の
「僕が死のうと思ったのは」は滅茶苦茶好きな曲なので是非。

Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA