【抑えるなら今】香水 / 瑛人【King Gnu、髭男の次はコレ】

また歌ネタ。
CDが売れない今、ヒット曲は
音楽番組や有名アーティストによるリリースがきっかけではなく

YoutubeとTikTokです。

King Gnuの「白日」
Official髭男dism

いずれもYoutubeでのカバー、TikTokの動画での使用で
拡散され、爆発的なヒットのきっかけになってます。

上記2組に続くアーティストがまた現れました。

瑛人です。


誰?って感じの人もいるかもしれないけど、
もう既にきてます。

今知っておかないと乗り遅れます。

2019年4月にリリースされた「香水」は、今年4月頃からSNSで歌ってみた/弾いてみた動画が急増し、Spotifyの日本バイラルトップ50チャートで首位をマークするなど、インターネット上での話題を集め続け、ついに5月18日付Billboard JAPANストリーミング・チャートで首位を獲得した。今週もその勢いは衰えず、週初3日間の再生回数としては前週比134%となる数字を記録し、連続首位記録2週目に突入した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-00088067-exp-musi

なんと、リリースは1年前。
1年経った今のタイミングで爆発的なヒットに。
今年に入って徐々にTikTokで楽曲を使用した動画が
アップされ始め、今や“日本で一番聞かれる曲”になったのです。

MVは1000万回超え

1日数百万単位で再生数が伸びてます。
著名アーティストもカバーするなど勢いは増すばかりです。

一躍時の人となった“瑛人”とは?

瑛人(エイト)
本名: 高橋瑛人
生年月日:1998年生まれ


神奈川県横浜出身のシンガーソングライター
幼い頃からカラオケで歌うことが好きで、
高校卒業後に音楽学校に通いながらシンガーを目指したという

学生時代は野球少年だったらしく、
音楽についての勉強は高校卒業後。
キャリアとしてはそれほど長くないのに
ここまでのヒット曲となったのは、

瑛人が持つ歌手としての個性、才能、
シンガーソングライターとしての実力、
それを拾い上げる若者の感性。

これらがかみ合った今の時代によるものでしょう。
レコード会社によるプッシュではなく、
消費者である聞き手がヒットする曲を選ぶ。

「実力があるのにこの人売れないなあ」

なんて時代が長く続いたけど、
SNSが活用される今、“本物”がちゃんと注目される
良い段階に来たといえるんじゃないでしょうか。

今月公開されたMV「HIPHOPは歌えない」も
癖になる鼻声、素朴なメロディーと素直な歌詞が良い感じです。

Share:

Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA