【M-1】今からでも間に合うニューヨーク【2020王者】

お笑い芸人「ニューヨーク」といえばこのコント。

オレオレ詐欺



これを初めて見た時はバナナマン以来の衝撃だった。
そしてコントのみならず漫才でも覇権を握るべく、
2年連続の決勝進出、そしてめでたく今年チャンピオンの座に。

「売れない、売れない。売れたい」

本人たちのこの言葉を何度聞いたことか。


ということで、今からでも遅くない
ニューヨークのYouTubeチャンネルの
チェックすべき動画を紹介します。


まずは、今年の流行語大賞を獲得した「エレパレ」。



東京NSC17期に存在したといわれるグループ、
「ザ・エレクトリカルパレーズ」の謎を追うドキュメンタリー映画。
全てをエレパレを知る吉本芸人ら
関係者へのインタビューで構成する画期的な構成。
手掛けたのはナイナイANNの
ハガキ職人だったことでおなじみ奥田泰。
エレパレを陰で牛耳っていたのは誰だったのか、
緊迫感溢れるクライマックスは必見です。


そして、今年のコロナ禍の中
新たなニューヨークの魅力を知らしめたのが
「本来劇場で会えるはずだった芸人」をゲストに招いた
ニューヨークのニューラジオ特別編です。


ニューヨークと親交のある先輩・後輩芸人の結成秘話や
プライベートな話などを聞いていく。
ミキ・ぼる塾・ガーリィレコードチャンネルなどといった
注目の若手から、しずる・おいでやす小田・ピスタチオ・
とろサーモン久保田などの売れっ子の先輩、
更に、世間ではまだ知られていない実力派芸人が多数出演。

このシリーズで際立ったのが、ニューヨークの「聞く力」。
ゲストの魅力を笑いと共に最大限引き出す、
この手の対談動画では抜群の面白さを誇っています。

全部面白く、ハズレ無し。
中でもおすすめなのが東京NSC19期、「ザ・シーツ」の回です。
瀬尾 健太朗北中 こぞうの二人からなるコント師。
ニューヨークの2人もあまり知らなかった
ザ・シーズの過去がどんどん掘り下げられていきます。




つかみどころのない瀬尾に、ニューヨークは爆笑。
無名のよく知らない人物に話を聞くという
全く興味の沸かない入り口にも関わらず
ここまでの面白さを出せるというのは
ニューヨークの「聞く力」がずば抜けているということなんでしょう。
こうしたニューヨーク周辺の芸人たちが
霜降り明星率いる第7世代と双璧を成すタレント集団になるのは
間違いないので、今からでもチェックしておきましょう。


芸人YouTubeチャンネルの開設が相次いだ2020年、
ようやく実力に認知度が追い付いてきた
ニューヨークチャンネルの紹介でした。



Share:

Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA