【上京】千原ジュニアの住居遍歴【物語】



ちょっと古い動画だけどシリーズものとして凄く面白かったので
今回まとめてみることにした。

それが、「千原ジュニアYouTube」で3本にわたって公開された
千原ジュニアが東京にやってきてから住んだマンションを
当時の思い出と共に振り返るという動画。
1本目は、23歳で上京して初めて住んだマンション。




記念すべき1軒目は、世田谷区の三宿。
当時は渋谷に劇場があり、そこへのアクセスの良さを元に選んだそう。
大坂・2丁目劇場のスタッフ「おかブー」と家賃を折半していたそう。
この榎本ビルの家賃は2LDKで相場的に20万円くらい。
まぁ、折半ならそこまで高くないのかな。
23~4歳くらいの2年間住んでたようです。


吉本の人が転勤するので、その後に入った六本木、飯倉片町。


<初回入金が倍に>
ベラジョンカジノお友達紹介ボーナスリンクはコチラ



このグランメール六本木では、
当時あった1階のメキシコ料理ZESTで、ナイナイ岡村とのいざこざがあった場所。
動画ではその真相について語っています。
家賃はワンルームで8~9万円と、六本木界隈にしては安め。

ちなみに、ここに住んでいた2001年に起きたのが、あのバイク事故。
動画ではその思い出の場所にも向かい、当時の生々しい記憶を語ってます。


奇跡の生還を遂げた千原ジュニアはその直後に引っ越し。
3軒目は渋谷の南平台。
この秀和第二南平台レジデンスは1LDKで17万円程度。
当時と家賃はほぼ変わっていない様子。
そこそこ知名度もあったので、27歳にしては中々なマンションです。


そして28歳の頃に引っ越した4軒目の住居は、世田谷区下馬の一軒家。
2階に大家が住んでいて、1階が2LDKの広さだったといいます。
当時でも古い建物だったようで、残念ながら建て替えられていました
この時期から虎ノ門とか松紳にゲストとして出るなど、
復帰後の千原ジュニアとしてその知名度は全国区に。



そんなスターの階段を駆け上がったジュニアが次に住んだのが、
渋谷・神泉。
当時は週刊誌に狙われ、家の外には記者の車が止まっていたそう。
1階には若槻千夏が住んでいて、その関係性を疑われていたらしい。
このI.Wプレース青葉台は1LDKで22万円と、結構な高級マンション。



そして、千原ジュニア上京マンション巡りの最後、第3弾






6軒目は、31歳の頃から住み始めた代々木八幡の東急ドエルプレステージ代々木公園
ここからはもう30万円overというザ・芸能人の領域に突入です。
オーラの泉の三輪さんの話は、このブログに細かくまとめられていました。


7軒目は南青山。
2011年の被害日本大震災の時に住んでいたのが、王子ホームズ青山だったそう。
築45年ではあるものの、立地も良し、
2009年にフルリノベーション済みということで
家賃は倍増の75万円という立派なビンテージ高級マンションです。
入居直前に耐震工事済みということだったので被害も最小限だったのかな。



そして最後はついに購入物件。
しかも恵比寿ガーデンプレイスの真裏というとてつもない場所。
結婚までの7~8年という長い期間住んでいたそうです。
この恵比寿ガーデンテラス壱番館は、もう億。


気になる現在の住居についての詳細は省きますが、
3億円の豪邸らしいっすよ。
23歳の時のルームシェアから、命に係わる事故を経験し
喋り一本でのし上がった千原ジュニア。
この動画には、そんな男の物語が詰まっている。

Share:

Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA